児童英語教師になる

ご存知ですか? 
2011年度より、公立小学校の高学年で週1コマ、教科ではなく「領域」という分野で英語活動の実施が決定しています。

指導者については「学級担任を中心に、外国語指導助手(ALT:Assistant Language Teacher)や英語に堪能な地域人材等とのティーム・ティーチングを基本とすべき。」とされており、
諸事情を考慮に入れると、「英語に堪能な人材」の早急な確保が必要となってきます。
 
そのようなニーズに応える人材には、英語力のほかに小学校での英語指導の知識と技能も必要となります。
 
アルクでは、既存の児童英語教師養成コースを小学校英語指導・活動
にも対応でき、より実践的なスキルが身につけられる内容にリニューアル、新コースの開講をしました。

コースを修了し、2日間の研修プログラムを受けると、アルクを通じてJ-SHINE(小学校英語指導者認定協議会)への資格申請ができ、「小学校英語指導者」の資格が取得できます。

詳しい情報は、こちらより↓





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。